米国の移植の現状

米国の移植の現状

米国腎臓移植外国人枠最新情報
 : 腎臓移植リストの外国人枠が 0%から 5%へ拡大 (2005年6月)

日本では、毎年、約3万人の患者が新たに透析療法を必要とします。移植には、生体腎移植、献腎移植、脳死腎移植がありますが、日本の一年間の全腎移植が700件前後で、そのなかでも、献腎移植と脳死腎移植は2003年実績で、138件です。日本では、臓器提供者数が海外と比較しても少なく、献腎移植にたどり着くのは、移植を必要としている患者の数からみても、極めて難しいことです。米国では、一年に 約12,000件の腎移植が行われていると言われ、そのうちの 約7,000件は、献賢移植 (米国では献賢移植は、ほぼ脳死移植で行われる。) です。

米国では、以前、海外の患者への臓器の割り当てを供給の 10%、としていましたが2001年の7月を最後に、海外の患者には臓器移植はしない、との決定を下しました。しかし、今年 (2005年) の6月に4年ぶりに 5%に解禁しました。つまり、ウエイティングリストに外国人 (米国人以外 )を載せる受付を開始しはじめた、 ということです。このニュースは臓器移植を望んでいる人にとっては、大きなことです。一年に 約7,000件、献賢移植を行っていることから計算すれば、一年に 350人はアメリカ人以外に、臓器を提供されることになります。
米国連邦要領によると、移植リストから 5%の外国人 (米国人以外) に臓器が与えられるのは、 “Any given time” の間、とされています。つまり、この規定がまたいつ変わるかは、米国当局次第です。現在、各病院で、要領に従い、リストにのせる候補者を審査し始める受付を始めました。その受付を行った病院で、移植手術を行うので、成功率が高く、優秀な病院で行うべきなのは、言うまでもないことです。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する




»
«