透析治療10年後の生存率

透析治療10年後の生存率

全国平均透析患者の10年生存率は42.3%である。

10年間の死亡者は百人中57.7人

(参考数値:平成6年10年生存率45%)

一年間の死亡率は9.7%百人中約10人が死亡しています。

昭和50年代から大きな変化無く横這い状態であるが

死亡原因は例年通り心不全が最多であり、続いて感染症、脳出血、

悪性腫瘍であった。

透析患者にしめる糖尿病性腎症の割合よりも死亡例における

糖尿病性腎症の割合が多いことから糖尿病を基礎疾患としている

患者にはより注意を注ぐ必要がある。

日本透析医学会の調査(2003年末)では、

透析開始後の5年生存率は61.4%、10年生存率は39.2%、

15年生存率は28.7%、20年生存率が26.9%となっており、

患者の長期生存は大きな課題だ。

 透析療法の原因となった疾患は、糖尿病性腎症が41.0%、

慢性糸球体腎炎29.1%、腎硬化症8.5%、ほかに骨髄腫、

慢性腎孟腎炎、腎・尿路結核など多岐にわたる。

1994年透析患者生存率
期間 生存率(%)
1年 85.4
2年 75.9
3年 69.6
4年 64.0
5年 59.7
6年 53.8
7年 50.6
8年 48.3
9年 45.0
10年 43.6

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する




»
«