アメリカに於ける肝臓移植患者の例

アメリカに於ける肝臓移植患者の例

これはあるNPO団体による街頭募金により手術費用を捻出した例です。

患者43歳男性
目標募金額:7,500万円
募金達成額80,253,485円
病名:原発性硬化性胆管炎(PSC)・肝硬変・食堂静脈瘤・網膜色素変性症(余命2年・早ければ半年)
デポジット(保証金)及び登録費
5,000万円
海外での移植に必要だと考えられる医療費の総額です。
保険の効かない海外での移植の為、保証金を必要とします。
受入れ先病院は、預かった保証金から実際治療に掛かった費用を差し引いていきます。 実際に掛かった治療費がデポジットを上回った場合は、医療予備費より支払います。
※New York – Presbyterian The University Hospital of Columbia and Cornell( http://www.nyp.org/)
に受入先が決定致しました。
受入のため、病院及び医師側から提示された金額は、以下のとおりです。
1、250,000㌦ Hospital Charge(病院代金) :振込先 New York – Presbyterian Hospital
2、200,000㌦ Physician Charge(各専門医代金) :振込先 The Trustees of Columbia University
合計、450,000㌦となります。
入院から手術、退院まで10日で見積もられています。つまり術後の経過が思わしくなければ 更なる入院が必要となります。入院が必要となった場合の一日の病室の参考価格です。
○ 一般病室 1日 4000㌦~( 約36万円~ )
○ 集中治療室 1日 8000㌦~(約72万円~)
これに加え、手術、薬代が必要となります。
渡航費
300万円
本人・家族・付き添いの医師等の渡航費用。
滞在費
500万円
渡航先での家賃等の滞在費です。移植手術までのウェイティングの状況で変動いたします。
術後の病状による滞在期間の延長などもある為、あくまでも予想です。尚、同行者の生活費は含まれておりません。
事務費
200万
医療予備費
1,500万円
保証金とは別に不測の事態に対応する為の費用です。
合併症の医療費や、術後の拒絶反応、集中治療室の延長を考えた費用です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する




»
«