インド最先端医療!

インド最先端医療!

アメリカの医療費難民インドへ
アメリカの医療費は馬鹿高い。アメリカの医師の給料もバカ高い。
若い麻酔医師でも年俸5000万円くらいだ。
またアメリカでは会社をやめると当然自分で保険にはいらないといけない。
これも高いから保険にはいっていないひとも増える。
アメリカの人口の15%は保険にはいれない。そういうひとたちもどうしても病院にいく必要があるがしかし治療費が高くて行けない。どうするか?

そういう医療費難民の人たちが英語のつうじるインドに向かう。

たとえばアメリカの病院にいけば3万ドル請求されるのにインドだったら必要な治療を受け、さらに、歯の治療と旅行までついて1万ドルでいけるという。

マッキンゼーによればこのようなアメリカ人の治療費は2012年までに20億ドルに達するだろうという。

インドは現在、国を挙げてIT技術や最先端医療に取り組んでいる。
小学校からオール英語で授業を行い、国際理解などの教育に力を入れている。
最近インドでは、最先端医療が世界中から注目され、治療や手術を目的に世界中から患者が集まっている。
施設もホテルのようなサービスを提供する病院が幾つかある。
施設だけではなく、アメリカや日本などの国々で最先端医療を学んだ医師が多く勤務しており、高度先進医療を実施している。
インド国内では、これらの施設に優秀な医師が集中してしまう問題化が怪訝されているが、医療費の安さと技術の高さが評判を得て、世界中から患者が集まっているのだ。
例えば、心臓疾患の手術を例に挙げると、アメリカでは3億円、日本では1000万円、インドでは3000千万円と格安なのである。
これに日本と同等の医療が受けられ、手技実績も施設によっては日本の病院の例ではない。日本では医局制度が未だに存在しており、教授の許可がなければ手技が出来ない現状を考えるとインドの最先端医療はアメリカの医療制度に近いものがある。
インド国内では、これらの施設は一部の富裕層の人達だけしか受診出来ないが、
アメリカ同様に医療保険が破綻している現状もあり、決してインド国内では医療費は安いとは言えないのである。
ところが、アメリカなどの医療費を考えると確かに格安で高度先進医療を受けられるメリットが高い。また、これらの施設には日本語、英語、中国語など何カ国か話せるスタッフが在住しており、海外からの患者に対して対応している。
得意のITとの関連で高度先進医療を受けられるシステムを構築している。
検査機器も、高度先進医療機器、CT、MRI、PATなど充実している。
日本の大学病院と同等、またはそれ以上の最先端医療が受けられるのである。
但し、問題もある、インド国内ではこれらの民間病院が優秀な医師を集め、集中しているため、公的医療機関の質の低下が怪訝されている。
高度な治療を望むなら民間病院に行かざるを得ない。その医療費は年々高くなっているのだ。
また、海外からの患者が自国に戻り、その後の病状の悪化に対する対応や症状の異変に対応するのには、やはり、自国の病院で受診するか、またインドに再度受診するかである。
以前、私が中国での心臓移植問題を取り上げたが、中国では心臓移植は死刑囚の了承を得てとあるが、心臓移植の日程が分かるのである。
だから、日本や東南アジア、欧米と世界中から注目されている。
またも格安なため、日本人、特に子供達の心臓移植が増えているのである。
アメリカの半分以下の医療費で済む為、その数は急激に増えている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する




»
«