2011年08月の記事一覧

糖尿病性腎不全に最良の治療がES細胞移植です。

こちらのサイトで治療の効果を検証しております。

http://www.facebook.com/embryonicstemcell

ES細胞を使った細胞治療を目指す研究の現状

ES細胞を使った細胞治療を目指す研究の現状
パーキンソン病 ヒトやサルES細胞からドーパミン神経への分化誘導
 ヒトやサルES細胞からのドーパミン神経細胞を疾患モデル動物へ移植する前臨床研究により
病態改善、腫瘍形成なし、など良い結果

脊髄損傷 ヒトやサルES細胞から神経幹細胞/前駆細胞、運動神経、グリア細胞などへの分化誘導グ
リア細胞や神経前駆細胞の疾患モデル動物への移植による治療効果の報告

加齢黄斑変性、網膜色素変性など眼科疾患 ヒトやサルES細胞から網膜細胞への分化誘導
 ヒトやサルES細胞からの網膜細胞を疾患モデル動物へ移植して病態改善

心筋梗塞 ヒトやサルES細胞から心筋細胞への分化効率を上げる研究が進行中
 疾患モデル動物への細胞移植では心筋組織に取り込まれて心筋機能が向上

糖尿病 ES細胞からインスリン分泌細胞への分化誘導の研究は進行中
 カリフォルニア州のベンチャーがヒトES細胞から膵島細胞への分化に成功

肝硬変など ES細胞から肝細胞への分化誘導の研究は進行中

世界最先端再生医療ES細胞移植による癌治療

ES細胞がガンを克服!!
腫瘍は一種の常見病、多発病です。その中の悪性腫瘍は現在人類の健康を脅かす最も深刻な疾病の一つです。腫瘍の原始細胞は我々人体の自分自身の細胞です。細胞が老化したときに細胞の形態と機能に変化が起き、周囲の細胞とのつながりが失い、外的要素(輻射、化学など)と体自身の要素(免疫力低下、遺伝など)の影響によって、占位性成長して腫瘍を形成します。
幹細胞移植は現在、細胞療法を用いて腫瘍を治療でき、そして人体になんら被害も与えない最も有効的な生物科学技術です。

ES幹細胞は大量な機能細胞を新しく作って腫瘍細胞の成長を抑制する  正常な機能細胞の間には様々な接合方式があります。その中のギャップ結合 (GJ) は細胞間化学信号伝達の基礎となっています。細胞の伝達と細胞間の成長調節因子の伝達などを行います。腫瘍細胞にはこのようなギャップ結合が少ないので、腫瘍細胞の悪性増殖が進行し、急速に成長します。通源幹細胞の移植によって、体内に入った幹細胞は血液に乗って病巣に到着して各種機能細胞を新しく作り出して、損傷した組織を修復します。そしてこれら新しく生まれた新細胞は若くて健康的で、構成上は完全で、機能や代謝も活発であるため、腫瘍細胞の成長を抑制します。同時に、細胞の成長周期を回復し、腫瘍細胞をプログラム細胞死させ、腫瘍が体に対する被害や細胞転移などの危険性を下げます。

ES幹細胞は多種の免疫細胞を作り出して免疫機能を高め腫瘍細胞を消滅させる 正常な状態では、私たち体の中の免疫系は腫瘍細胞を殺傷する能力を持っています。これは主に免疫系のNK細胞(自然殺傷細胞)と起動した大食細胞と細胞毒性T細胞などによって完成されます。しかしこれらの細胞は体内でためられる量が少ないうえに、腫瘍細胞と戦うとき大量に消耗してしまい、体の腫瘍細胞を殺傷する能力がどんどん弱くなってきます。ES細胞の移植は免疫細胞を大量に補充します。新しく生まれた様々な免疫細胞が腫瘍細胞を殺傷し続け、腫瘍の悪性成長と対抗し、根本から腫瘍の治療を行います。免疫細胞で腫瘍細胞を消滅する方法はほとんど副作用が見られなく、人体の他の器官に損傷を与えることはありません。

ES細胞から生まれた各種機能細胞は人体の微環境を改善し腫瘍と対抗する  正常な状況では、私たち体内の各種細胞から創造した微環境は腫瘍細胞を見分け、成長を抑制する因子と信号分子を分化します。しかし腫瘍患者自身の体内微環境のバランスが破壊されたので、自分自身は腫瘍細胞に対してコントロールができなくなってしまいました。
ES細胞の移植によって、体内微環境の修復と更新を可能にしました。ES細胞は体内で増殖・分化によって各種組織器官の機能細胞を作り出し、器官の生理的機能を修復・改善します。体内微環境の修復と改善に伴って、新しい細胞が絶えず成長抑制因子を分泌して再び腫瘍細胞の成長をコントロールし始めます。一方、高濃度の分化信号分子は腫瘍細胞に働きかけ、成長を抑制し、人体を脅かす危険性をなくします。

ES幹細胞を移植して腫瘍の発生を予防する  腫瘍の発生は自身の免疫力の低下と遺伝的要素などと関係します。人体は半健康状態であることや一定の年齢になったときに、免疫力が低下してきます。老化細胞が迅速に排出できず、遺伝子への遺伝的感受性をもとに腫瘍疾患が発生しやすくなります。ES細胞を移植すると、新しく機能細胞をつくることができ、体の免疫力を回復し、細胞の新旧交替を加速します。老化細胞がたまらなくなると、細胞の段階から腫瘍の発生が予防できます。腫瘍の発病率が高い人たちにとって、ES幹細胞は疾患予防と治療の最善策といえましょう。
詳しくはhttp://jaimsc.com/

Anbis International サイトがオープンしました。

日本アンビスインターナショナルのサイトがオープンしました。現在ベトナムとインドネシアで法人を立ち上げています。
http://jaimsc.com/