1型糖尿病、2型糖尿病患者様に重要なお知らせです。

1型糖尿病、2型糖尿病患者様に重要なお知らせです。

朗報です!!
この度1型糖尿病患者様、2型糖尿病患者様に関し、膵臓移植が($200,000ドル)およそ2000万円ほどで可能となりました。
最長3ヶ月以内に移植が可能であり、また、厚生労働省海外医療費制度により1000万円の補助が受けられるほか、民間の医療保険に加入している場合、400万円近い金額が還付されるなどの様々は制度を利用する事が可能です。

具体的には以下をご覧下さい!
厚生労働省保険局保健課企画法令第一係内線3248
電話03-5253-1111

海外療養費制度
従来どうり海外透析で必要な、海外医療機関が記入する、➀診療内容明細書、②領収明細書、

海外の医療機関が発行する③領収書、④その日本語の翻訳文

➄調査に関わる同意書と

⑥日本臓器移植ネットワークの登録の写し

⑦国内での待機状況を踏まえると当該患者が、海外で移植を受けない限り生命の維持が不可能となる恐れが高いこと

について主治医【学会認定の移植認定医】が作成した海外の施設への紹介状の写しに、部門長、または施設長がサインしたもの

⑧海外の施設に入院していた間の経過写記録の写し

保険適応

この書類が利用できるシチュエーションは以下の通りです。

医療保険に加入している

成人病特約に加入している

合併症として高血圧がある(腎不全の場合、多い合併症です)

合併症の高血圧に、入院での治療の必要がない

診断書に高血圧の記載がない

この書類により、入院給付、手術金給付について、成人病特約が適用され2倍の保険金を受け取りことが出来る場合があります。

以上

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


»
«