ドナー基準の記事一覧

ドナー基準

ドナーは以下の基準を元に選別され、ドナー起因の疾病の予防に関しては細心の注意が払われます。

臓器適合性診断 − ドナーとレシピエントの臓器の適合性の基準

 血液型 − ドナーとレシピエントの血液型が一致することが条件となります(A,B,AB,O)
 HLA型 − 完全一致は不要 適合性は医師の判断によります
 抗体反応 − 陰性が条件となります

ドナーの健康状態(生前含) − 適合性を加味しない基本的な診断基準

 年齢:18〜60歳 (レシピエントの年齢を考慮する)
 病歴:以下の病歴を持つ場合はドナーとはなりません。
  ① 高血圧症
  ② 糖尿病(DM)
  ③ 腎炎(GN)
  ④ 腎臓結石
  ⑤ 膠原病(リウマチ、強皮症、MCTD、筋炎など)

 除外項目検査:以下に該当する場合はドナーとはなりません。
 ・高血圧症
 ・糖尿病
 ・尿路結石症
 ・血尿(肉眼的血尿/顕微鏡的血尿)
 ・蛋白尿 250mg/日以上
 ・糸球体濾過量(GFR) 80cc/分以下
 ・腎臓病 (馬蹄腎/孤立性腎嚢胞/その他)
 ・病的肥満 IBW30%以上
 ・冠動脈疾患
 ・腫瘍性疾患
 ・B型肝炎/C型肝炎
 ・HIV感染