胚性幹細胞(ES細胞)のタグを付けられた記事一覧

世界最先端!! ES細胞による糖尿病根治治療最前線見学会のご案内

世界最先端である胚性幹細胞ES細胞)を使った糖尿病根治治療の現場を見学していただきます。
世界でも唯一こちらの幹細胞システム技術研究センターでしか施術を行う事のできない最先端医療をご覧になっていただきます。

当日空港から病院まで当センタースタッフが送迎させて頂きます。
病院内では諸施設の見学、(検査棟、手術室、患者病棟等)また、施術に関する医師からの説明、方法、術後の客観的な指数等の説明が成されます。さらにご質問等にもお答致します。また、施術された患者様の意見等もお聞きする事ができます。

この治療による糖尿病の根治率は非常に高く、5年経過後の血糖コントロールが可能な患者は80%と言われております。
また、治療自体も点滴のみの治療で有り、患者に及ぼす副作用や危険等も殆どないという素晴らしい効果をもたらせております。
もちろん患者によって様々な合併症等もございますので、この数値はあくまで平均的なものであります。

しかしながら今世界でこれほどまでの成果が出せる治療はありません。
是非この機会にこの治療の素晴らしさを体験されて頂きたいと思います。

医療施設内サービス項目
a> 患者様の具体的な状況に合わせて移植案を制定します。
b> 患者様の要求に応じて緻密で、個性的な行き届いた24時間看護を提供できます。
c> 完全な個人ファイルを作り、患者様1人ひとりに定期訪問記録を作成して、患者様
の健康状況を適時に把握することによって最善の健康プランを提案します。
d> 幹細胞移植後、一般検査(血液検査、尿検査)、心電図、肝機能、腎機能と映像など
客観的な指数を比較しながら、患者様の健康状況を観察し、患者様の体感指数を記
録して正確な治療評価を行います。
e> 500床を設けております。各病室に独自のバス・トイレがあり、テレビ、ソファー、
デスクとタンスを設置してあります。
f> 患者様本人とご家族に食事と宿泊を手配いたします。乗車券、航空券などの予約を
代行いたします。
g> 遠隔地よりお越しの患者様に送迎サービスを提供いたします。

人類生命科学の大きな進展――胚性幹細胞移植

幹細胞」という言葉は1896年に著名な生物学者E. B. Wilson氏によってはじめて使われました。幹細胞とは私たち体内にある巨大な増殖、分化する能力を持つ原始細胞のことです。私たち人間の体は細胞によって構成され、いろいろな生理活動は皆細胞の生命活動の現れです。これらの細胞はすべて体内の幹細胞の増殖と分化から由来し、これらの幹細胞はまた胚性幹細胞の分化によって作り出されています。胚性幹細胞はさまざまな細胞に分化できる能力を持つ原始幹細胞です。したがって、幹細胞の研究は現代における人類生命科学研究の最前線になっています。

胚性幹細胞移植は根本から老化を抑え、生命を延長し、細胞の段階から各種疾病の予防と治療に役立ちます。この点は、伝統医学では実現できないことです。

人体の老化は細胞の老化から始まるもので、疾病は細胞の病変の総合的な反映だということはすでに生命科学によって証明されました。胚性幹細胞移植は胚性幹細胞をタネ細胞として人体に移植し、生命体のコントロールによって、各種組織器官が必要な機能細胞に分化される仕組みになっています。体にたまっている衰弱・病変した細胞と入替え、細胞の新旧更新を加速し、各組織器官の生理機能を回復・維持して、人体を若い、健康な状態に戻します。近年、骨髄、臍帯血から成体造血幹細胞の獲得が広く応用されていますが、胚性幹細胞と比べると、胚性幹細胞の場合は、型合わせの必要がなく、分化できる細胞の種類が多く、移植方法が簡単、副作用がないなどの優れた点があり、幹細胞移植の主流になってきました。

胚性幹細胞移植 老化を抑制し、生命を延長する

胚性幹細胞移植は人類生命科学の大きな進展です。胚性幹細胞移植は新しく作り出された機能細胞で衰弱・病変した細胞を代替し、生命体の生理性再生と組織修復に役立つ仕組みになります。各組織器官の機能修復と保護が、病気に転化することを抑制し、病気の前兆である各症状を消滅することができます。人体の若さと健康状態を保ち、根本から老化を抑え、生命を延長してくれます。女性の場合、胚性幹細胞の移植によって、皮膚細胞や卵巣細胞が新しく作り出され、卵巣の機能が回復し、更年期を遅らせることができます。男性の場合、胚性幹細胞の移植によって、若い腎臓細胞と睾丸間質細胞を分化することができ、腎臓の組織を新たにし、腎臓機能が向上します。

胚性幹細胞 各種疾病の予防と治療に役立つ

胚性幹細胞移植は根本から各種病気の予防と治療に役立ちます。疾病は細胞病変の総合的な反映であって、衰弱した細胞は各種疾病の発病のもととなっています。胚性幹細胞の移植によって、生命体に若くて健康な細胞の数が増え、衰弱した細胞を代替することによって、各種疾病(脳血管疾患・心疾患、パーキンソン病、老人性認知症など)の発生を防ぐことができます。胚性幹細胞移植は糖尿病、肝臓病、脳血管疾患、心疾患、神経系病気と腫瘍など病気の治療の面では伝統医学が比較できないほど優れています。細胞の段階から、新しい細胞で病変した細胞を代替し、伝統医学では治すことができない病気を治癒することができます。

幹細胞システム技術研究センターが世界幹細胞分野でトップの地位を有するウクライナ幹細胞研究所と協力して、2002年に5億元の資金を拠出して幹細胞移植技術を中国に導入、吉林硅谷医院で幹細胞移植センターを成立しました。2003年から、衛生庁と中国国家衛生部の許可を相次いで取得し、中国はじめての国が認定した胚性幹細胞移植センターになりました。そして、今はすでに4000例あまりの移植に成功し、著しい治療効果をあげました。幹細胞移植技術発展の一里塚といえましょう。

胚性幹細胞移植――人類病気治療の新たな望み(糖尿病編)

幹細胞は人体成長と発育のもとであり、体の各種組織器官の安定した更新を維持しています。幹細胞は私たち人体のあるあらゆる器官に存在しています。幹細胞の存在する場所は幹細胞巣と呼ばれています。一般では、幹細胞巣とは幹細胞、周辺細胞とそれら細胞の分化・増殖を制御する関連因子によって構成した、動態バランスが維持する性格を有する局地環境のことだと思われています。

胚性幹細胞の移植は根本から老化の発生を抑えることができ、生命の延長につなぎ、細胞の段階から各種病気の予防と治療に役立ちます。これは伝統医学には望めないことです。

胚性幹細胞の移植は、胚性幹細胞をタネ細胞として体内に移植します。移植された胚性幹細胞は体自身にコントロールされ、体の需要に応じて各種器官組織が必要とされる機能細胞に分化し、体中にたまった衰弱・病変した細胞と入替え、細胞の新旧交代を加速させ、各組織器官の生理機能を回復させることによって、若くて健康な状態の体を取り戻します。
胚性幹細胞の移植は根本からさまざまな病気の治療と予防ができます。疾病というのは細胞病変の総合的な現れです。衰弱した細胞はさまざまな疾病の発病のもととなっています。胚性幹細胞の移植は体内の若くて健康的な細胞の数量を増やすことができ、衰弱してしまった細胞と入替え、さまざまな疾病の発生を防げます。

胚性幹細胞の移植は膵臓のランゲルハンス島B細胞を作り出すことによって糖尿病の治療ができます
以前に述べたように、疾病というのは細胞病変の総合的な現れです。1型糖尿病は体のインスリンの工場である膵臓のランゲルハンス島B細胞が遺伝子感受性と外部原因の共通作用によって、細胞表面抗原に変化が起き、膵臓のランゲルハンス島B細胞の数が減り、体が分泌するインスリンが完全不足になったことから発症します。それに対して、2型糖尿病は、膵臓のランゲルハンス島B細胞が機能的障害によってインスリン分泌の低下、あるいは標的細胞(肝細胞、脂肪細胞、皮膚細胞など)がインスリンに対する感受性の低下から発症します。伝統的な治療法では、1型糖尿病の治療はインスリンの使用以外に方法がありません。2型糖尿病の場合は、薬の服用によってインスリンに対する感受性を高めてからインスリンで治療することになっています。これらの方法はどれもがインスリンを生産できる膵臓のランゲルハンス島B細胞を作ることができないので、糖尿病の完全治癒ができません。胚性幹細胞移植技術の発見は、糖尿病の治癒に希望をもたらす事になりました。胚性幹細胞は体内で膵臓のランゲルハンス島B細胞を分化によって作り出します。膵臓のランゲルハンス島B細胞の量が正常に回復し、体の需要に応じ、インスリンを分泌して血糖を下げ、体内の血糖値の均衡につながります。

胚性幹細胞移植はその他の各種器官の機能細胞を新しく作り出し、その生理的機能の改善によって糖尿病と併発症の治療および予防に役立つ
糖尿病が原因で、体内の血糖値が高い数値のままになっていると、複数の組織器官の機能細胞に害をもたらすことになり、それら器官の正常な働きに影響を与えてしまいます。例えば、体内糖分の代謝機能が乱れると、血中脂肪が多くなり、血管内皮細胞が壊れてしまいます。それに加えて、炎症細胞が浸潤してくることで動脈粥状硬化となり、脳血管疾患・心疾患にいたります。長期的な糖代謝の乱れに各種薬の副作用による肝細胞や腎臓の上皮細胞の破壊を加えると、肝臓病や腎臓病を引き起こします。胚性幹細胞の移植は、膵臓のランゲルハンス島Bを新たに作り出して糖尿病を治療することができます。その一方、他の組織器官の機能細胞を作り出すことができます。例えば、血管内皮細胞を作り出して、動脈粥状硬化を改善でき、血液の循環を良くし、血圧のコントロールや脳血管疾患・心疾患が糖尿病患者にもたらす被害の減少に役に立ちます。そして、肝臓細胞や腎臓の上皮細胞を新たに作り出して、肝臓や腎臓の生理機能を回復させ、人体の各組織器官の安定したバランスを保ち、細胞の段階から糖尿病と併発症の予防と治療に役立ちます。

以上のように、体内のランゲルハンス島B細胞と様々な機能細胞が繰り返し破壊されると、自分自身では改善・回復することが難しいです。従来の治療法では細胞の量を元に戻すことができません。幹細胞移植技術の発見は、体内幹細胞の量と質の補充を現実にしました。移植された胚性幹細胞は血液の循環にのって、各組織器官に定着し、分化によって機能・構造が整った機能細胞を作り出します。糖尿病患者の場合は、幹細胞移植によって、ランゲルハンス島B細胞の数量が元に戻り、インスリン標的細胞を再び作り出し、体自身の血糖値に対するコントロールを回復して、血糖値を下げる薬やインスリンへの依存から脱出することになります。それと同時に、移植された胚性幹細胞は損傷を受けた器官(肝臓、腎臓、心・脳血管など)に相応する機能細胞を新しく作り出すことができます。例えば、肝臓にある肝細胞、腎臓にある各種実質細胞と間質細胞、血管の内皮細胞と神経系の各種神経元と神経膠細胞などを作り出すことができます。糖尿病患者に全面的な治療を行うことができます。胚性幹細胞は生体の細胞となっているので、大量に移植しても副作用や拒絶反応が起こりません。糖尿病の治療にはとりわけ恵まれた優勢を保っています。

胚性幹細胞移植技術の発見と発展によって、細胞療法は医療進展の趨勢となっています。

糖尿病

患者,男性,1966年生まれ。2年前医大二院に受診された。Ⅱ型糖尿病と診断された。当院で初診時の検査では、血糖値20mmol/L、尿糖値(+++)、ケトン体(+)。胚性幹細胞移植を施行した。60日間経過後、血糖値6.0mmol/L、尿糖値(—)、ケトン体(—).各種症状が減退した。経過観察を行なって6ヶ月、血糖値は正常範囲内にあって、跳ね上がりがなかった。
分析
胚性幹細胞は体内に移植後、自家更新と分化によって、病変した膵臓のランゲルハンス島B細胞の機能を修復し、糖代謝の乱れを正しました。内分泌の調整、水液代謝の調整など行われて、糖尿病の治癒を実現します。


タグ