再生医療 ES細胞、幹細胞、iPS細胞

再生医療 ES細胞、幹細胞、iPS細胞

幹細胞 (かんさいぼう)stem cell

成長した生物の細胞は、普通は特定の役割しかできないように機能が限定されており、分裂増殖しても胃の細胞は胃の細胞、皮膚の細胞は皮膚の細胞にしかならない。皮膚の細胞からは皮膚のクローンしか作れない。

俗に万能細胞と呼ばれる幹細胞(かんさいぼう)は、分裂増殖によって、別の機能を持つ細胞になることができる特殊な細胞。
例えば、受精卵は最初はたった一個の細胞だけれど、分裂増殖していくと、身体の各部分向けに機能が分かれたさまざまな種類の細胞になっていく。

幹細胞から、いろいろな身体の部分や臓器を作り出せるようになれば、臓器移植を中心とした医療の可能性が大幅に広がる。これら幹細胞がどのような条件のもとで、どんな特定の機能を持つ細胞になっていくのか、研究が急速に進んでいる。
幹細胞の種類で代表的なものはES細胞と骨髄幹細胞。

  • 授精した胚(受精卵)から取りだした「胚性幹細胞
    (ES細胞=Embryonic Stem Cell:ESCs
  • 大人の骨髄から取りだした「骨髄性幹細胞
    (骨髄幹細胞、造血幹細胞、間葉系幹細胞)

ほか、臍帯血(さいたいけつ:赤ちゃんお誕生の時のヘソの緒から採る血)に含まれる幹細胞をはじめとして、胎盤、血液、毛根、筋肉、脳、皮膚など、身体のあちこちに幹細胞が分布していることがわかってきています。
さらに、2007年からは、大人の細胞の遺伝子を組み替えた「iPS細胞(人工多能性幹細胞)」が話題をかっさらっています。

皮膚から万能細胞京都大学山中教授


■ES細胞■
ヒトの胚性幹細胞(はいせいかんさいぼう/ES細胞 いーえすさいぼう)は”最も万能性が高そう”なので使い勝手が良さそうなのですが、取り出すときに授精した胚(初期の赤ちゃん)を殺したり傷つけたりしてしまうことから、倫理問題で頭を抱える国が少なくないのです。
※  胚性幹細胞(ES細胞)による再生医療を 「水子(みずこ)」をばらばらにして臓器をこしらえるのだ と表現したら、これどう思います?

■成人性幹細胞(成体幹細胞)■
大人の体(骨髄など)から採れる成人性幹細胞(成体幹細胞)は、現状ではES細胞ほどの変身可能性(機能分化の自由度)は、持ってはいません。でも成人性幹細胞なら「自分の細胞で自分の身体を再生できる」わけで、受精卵殺しのような倫理問題がない、本人の細胞を使えば拒絶反応もない、など、治療現場での使い勝手は良さそうです。

なお、現状では幹細胞研究は、まだまだ実用にはほど遠い試行錯誤中。

  • 移植したら8割がガンになってしまった、という実験事例もあります。
    幹細胞がどうやってどんな組織に変化するか把握しきれていないのです。
  • ヒトに効くどうかわからない段階の、動物での研究成果が大きく報道されていたりします。
  • 「幹細胞」からはいろいろな人体パーツが作れるわけで、「親が存在しないのに、幹細胞から作った精子と卵子から子供ができてしまう」こともありえるのです。もともと、複雑な倫理問題ぬきには語れない危ういシロモノなのではあります。
     再生医療 ES細胞、幹細胞、iPS細胞2004/08 ネズミからヒト誕生、水子から孫誕生

net 再生医療 ES細胞、幹細胞、iPS細胞 2008/01  山中教授のiPS細胞作成が画期的なのはなぜ – 教えて!goo
net 再生医療 ES細胞、幹細胞、iPS細胞 2008/01 NHK解説委員室ブログ 時論公論 「“万能細胞”展望と課題」: iPS細胞研究の意味 オールジャパン体制の意味

骨髄性幹細胞による脳神経再生

net 再生医療 ES細胞、幹細胞、iPS細胞2007/11 NHKスペシャル「眠れる再生力を呼びさませ 脳梗塞・心筋梗塞治療への挑戦」

ここで紹介された「札幌医科大学」の治療は、患者本人の骨髄から採取した成人性幹細胞を人工的に体外で培養し、それを患部に直接ではなく、静脈点滴で体内に戻す手法。
注入された幹細胞は、全身をめぐるうちに一部が脳内のダメージ箇所にたどりつく。すると、「いろいろな種類の細胞に変身できる」ことで有名な幹細胞ではあるけれども、この場合は「神経細胞成長因子」と呼ばれる「神経細胞元気に育てよ物質」を出して脳損傷の回復をうながしてくれるらしい。

2007/11 『科学メモ:脳梗塞の幹細胞治療@札幌』

※ 成人性幹細胞:生まれる前の赤ちゃんからとる「胚性幹細胞」と対比する関係で、大人の身体からとれる幹細胞は「成人性幹細胞」と呼ばれる。

失われた指や爪が再現(細胞外マトリックス)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


»
«